関節痛のはなし:股や肩から膝(ひざ)や指の関節の治療

関節痛について…軟骨,関節液,レントゲン,整形外科

誰もが、「いつまでも、楽しく健康で暮らしたい・・・」そう思うことでしょう。
健康を保つために、ジョギングやウオーキング、山登りやなどを趣味としている方も多いと思います。
しかし、間違ったやり方や無理をしたりして、膝や腰などの関節をいため、たまらなく痛くなった経験はありませんか?
このような症状が…関節痛といいます。
最も多い関節痛は、膝・腰・肩の部位だといわれています。

では、関節痛とはいったい、どのような事をいうのでしょう?
膝や肘、肩など、たくさんの関節が、私達人間にはありますね。
伸ばしたり、曲げたり、動かすことが出来る部分のことを、関節と呼んでいます。骨と骨のつなぎ目の部分と考えるとよいでしょう。
通常、関節は軟骨と関節液というもので守られています。 骨と骨がこすりあって磨り減ってしまわないためです。

簡単に言うと、これは、自転車のブレーキパッドと潤滑油のようなものです。
自転車のブレーキパッドと潤滑油は、使い続けると消耗してしまいますよね。
これとおなじように、人間も長年、使い続けた関節は軟骨と関節液が減ってしまいます。このため、骨と骨が直接こすれあって、痛みを生じるようになるのです。

関節痛の痛みの種類にはさまざまなものがあります。
動かすと痛みが走る人、寒くなると痛くなる人・・・
また 肥満の方は、当然、自分の体重を支える足に負担がかかってきますから、膝や股関節などの関節痛をひきおこします。
さらには、スポーツ選手などは、決まった関節に負担をかけます。このような生活を続けると、関節痛の原因になることもあります。

関節に痛みを感じたら、無理をしないですぐに病院に行きましょう。
まずは整形外科を受診されることをおすすめします。
整形外科ではレントゲン写真をとって、関節の変形などを調べてもらえます。

ひざの痛みには、ひざサポーターが効果的ですが、お医者さんが作った「ひざベルト」というものがあります。詳しくはこちら→お医者さんの膝サポーター
膝サポーターは医者が考案

関連サイト:
赤ひげ薬局 通販
日本薬師堂の一押し商品はグルコンEX
タグ:関節痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。